• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2014’03.08・Sat

修二会お松明見学

先日幼稚園から修二会のお松明見学がありました。
雪がちらつく寒い夜でしたが、チュンくんも一緒に行ってまいりました。
私も奈良に住んで6年が過ぎていますが、修二会を見るのは初めて。
まず、幼稚園で修二会とは。。。と言った内容のDVDを見てからいざ出発。
事前に申し込んでおけば男性は内陣も見学させていただけると言うことで、旦那さんはお松明の後内陣も見学してきていました。
内陣は男性のみなので、女性の私は入れませんが局と言うところへは入ることができたようですが、なんせ寒くてチュンくんもいるので一足先に帰ってきましたが。。。
平日でしたが、凄いいっぱいで驚きました。

IMGP5923_convert_20140308191648.jpg

お松明が始まるまではライトがつけられているので明るいですが、お松明が始まるとライトは消され一帯は真っ暗になります。
二月堂の下からずら~っと人人人です。
お水取りの大松明の日はどんな人なのだろうと思うくらいの人出ですよ。

IMGP5929_convert_20140308191753.jpg

いよいよ、始まりました。
回廊をお松明に火が付いた状態で1人で担いで上って来られます。
回廊が燃えないのだろうかと思う位の火の勢いです。

IMGP5976_convert_20140308191854.jpg

勢いよくお松明を持って走られます。
途中、お松明を振りながら走られるので火の粉が飛んで迫力ありました。

IMGP5978_convert_20140308192006.jpg

1本また1本とお松明が回廊を上り、二月堂の欄干の上を走る度に周りから歓声が上がります。
お松明を担がれる方によって、見せ方が違って面白かったです。
チュンくんも、うわ~っと声を上げて見ていましたねぇ。

IMGP5968_convert_20140308192221.jpg

欄干の端まで行ったお松明は激しく端で振られ回され次のお松明へ。
上から落ちてくる火の粉や燃えかすを下でせっせと掃いておられましたねぇ。
たまに、凄い大きな塊で落ちてきたらうわ~っと声が上がって。。。
この日は結構風もあったので、火の勢いが凄く火の粉が風に吹かれて遠くへ飛んでいましたねぇ。

IMGP5983_convert_20140308192454.jpg

お松明を全て見終えて私たちは車で自宅へ。
その間、旦那さんは内陣へ。

IMGP5985_convert_20140308192522.jpg

二月堂からの夜景だそうです。
なかなかこんな夜に二月堂へ上がる機会はないので私も行けばよかったなぁ~。
内陣は男性のみなので、私は見ることができませんが、旦那さん曰く僧侶の方々の姿を見ることができたそうです。
しかし、寒さはとても厳しかったそうです。。。
1度見てみたいと思っていましたがなかなか行く機会がなかった修二会ですが、チュンくんの幼稚園のお陰で念願かなって修二会を見ることができて嬉しかった~。
寒い中夜に出かけるだけでも、子供がいると億劫になりますがいい機会を得たように思います。
来年も行こう!!

スポンサーサイト

Categorie4歳  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre地域情報 Theme奈良

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。