• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’05.08・Tue

姪っ子ちゃんのレッスンバックと靴入れ

姪っ子ちゃんはこの春から年中さん。
別に幼稚園に入園ではないので改めて何かを作ってあげる必要はないのですが、習い事でレッスンバックがいるとか。。。
先日サンリオショップで見ていましたが、これっていうのがなかったようで姉は買うのを躊躇っていました。
そして、幼稚園の体操服のゼッケンの端の始末でミシン掛けを頼まれたので、ついでにレッスンバックも引き受けることにしました。
チュンくんもまだ入園ではないので、サイズ感覚もいまいちないので生地屋さんでサンプルのサイズを控えてもらって帰って来ました。
急いで作ったので近くで生地も購入したため、沢山ある中から吟味したいとこですが近くの生地屋さんにはそれ程の種類もなくある中でチョイスしました。
私は知らないのですが、店員さん曰く絵本作家さんの柄だとか。。。フム。

IMGP3129_convert_20120506203118.jpg

底部分はややしっかりするようにギンガムチェックのキルトを使い、柄部分は接着芯を張りしっかりとさせました。
切り替え部分はレースをアクセントにし、赤の持ち手は白のステッチのあるデザインを選びました。前に名前を書くところも付けてみました。

IMGP3132_convert_20120506203229.jpg

色の合わせ方をどうしようかと少し悩みましたが、赤ばっかりも可愛いかと思い全部赤にしました。
最近はピンクや赤などの女の子的なカラーが好きになってきたような姪っ子ちゃんなので、気に入ってくれるかなぁ~。
ただ、よくあるサンリオやディズニー、テレビのキャラクターなどではないので食い付いてくれるか微妙ですけど。

IMGP3133_convert_20120506203324.jpg

中はピンクの無地で仕上げ、内側にポケットを作りました。
大体一般的な大きさなようですが、実際持ったところは見ていないのでわかりませんが幼稚園児にはどうかなぁ。
ついでについでに。。。新学期で幼稚園で使うもよし、習い事で使うもよし。。。お揃いで靴入れも作っておきました。
姪っ子ちゃんの靴入れはかれこれ3個目ですが、今回はちょうどいけるかなぁ~??
1個目は幼稚園へ行っていないころベビーカーに乗った時などに靴を入れておくのに作ったもので、靴も小さかったので靴入れも小さ目。
2個目は入園の時に作りましたが、少し大きかったようで。。。では。。。と今回3度目。

IMGP3131_convert_20120506203203.jpg

デザインはレッスンバックと全く同じ。
持ち手は赤のDカンで仕上げました。

IMGP3130_convert_20120506203140.jpg

早速先日お礼の電話を姪っ子ちゃんから貰いました。
一応柄はどうかわかりませんが気に入ってくれたようでホッとしました。
姉としては、皆が良く持っている流行のキャラクターではなく他の人はあまり持っていないデザインが良かったみたいで喜んでくれました。
私もあまりキャラクターものよりは可愛い生地を使って作りたいので、チュンくんにも作ってあげたいですがチュンくんはキャラクター好きだしなぁ。。。トホホ。
でも、姪っ子ちゃんのバックを見て僕もいる~と言っていたので、近々作ってあげようと思います。
しかし。。。どこへ持って行くのやら。
ゼッケンも無事できて期日までに渡すことができてよかった。
久しぶりにミシンを出してきて裁縫をしましたが、今まで以上にチュンくんの邪魔が入りやり難かったですが、楽しくて少しパンやお菓子作りに熱が入っていましたが裁縫の熱が帰って来そうです。

スポンサーサイト

Categorie手作り  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genre趣味・実用 Themeハンドメイドの作品たち

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。